上毛印刷株式会社

【閑話休題】「二代目カープ女子」って?

【閑話休題】「二代目カープ女子」って?

2022年07月20日
新しくWEB担当になられた方に

ちょっと休憩して、ハンドルネームの話をします。

広島出身だから

ハンドルネームは「二代目カープ女子」といえば、「広島出身だからなのかな」と思われると思いますが、ズバリその通りです。広島に住んでいたときは、朝の挨拶は「(カープが負けて)昨日は残念だったね」「大野さん(当時のエース)、カッコ良かったね!」というのが女子高生・女子大生の間でも普通でした。

面白い話があります。

AKB48の「神セブン」が話題になっていた頃、広島で女子高生に「前田、大島、篠田の誰がセンター?」と尋ねると「え? センターは丸でしょ?!」って答えが返ってくる、という笑い話です。多くの人は「AKB48の前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さんの誰がセンター?」という質問だと理解して答えるのに、広島の女子高生は「広島東洋カープの前田智徳選手、大島崇行選手、篠田純平選手のうち誰がセンターを守る?」という質問だと理解して、「センターは丸(現在は巨人の選手)に決まっているじゃん!」と答えてしまうという話です。

そのくらい生活の中に普通にカープが溶け込んでいる街なんです、広島って。なので、私も当たり前のように毎朝カープの挨拶をする女子高生でした。2014年に「カープ女子」が流行語大賞トップテンに選ばれるず〜っと前から「カープ女子」だったのです。

ちなみに、フジテレビの2016年の「月9」ドラマは、4月期も7月期も主人公がカープ女子でした。4月期(2016年4月 – 6月)のドラマ「ラヴソング」で藤原さくらちゃんが演じた主人公は広島出身という設定で部屋の壁に堂林選手のユニフォームが掛かっていたし、主人公が恋をする福山雅治さんが「それゆけカープ」をギターを弾きながら歌ったシーンは鳥肌ものでしたよ?! その次の7月期(2016年7月 – 9月)のドラマ「好きな人がいること」では桐谷美玲さんがカープ女子でした。桐谷美玲さんがカープの応援で球場に行くシーンもあり(横浜スタジアムで撮影)、その観客役として「エキストラ募集」のメールが来たので応募したけど外れた思い出があります。(行きたかったな〜)

なぜ「二代目」なのか?

実は私の母も「カープ女子」です。広島出身広島育ち、今も広島に住んでいる人です。今、広島東洋カープのホームグラウンドはマツダスタジアムですが、その前は、広島市民球場でした。球団創設は1949(昭和24)年ですが、当時はまだ広島市民球場はなく、西区観音にある「広島総合球場」が本拠地。経営がピンチになったとき市民たちが樽募金をしたというエピソードもこの球場で行われたのでした。

母はこの「広島総合球場」にも応援に行ったと言うのですよ。まさに「初代カープ女子」。なので私は「二代目カープ女子」なのです。高校生の頃は広島市ではなく田舎町に住んでいたので広島市民球場まで行けず福山市民球場にオープン戦を観に行っていました。大学生時代は、広島市民球場、上京してからは神宮球場と東京ドーム(たまに横浜スタジアム)に通っています。2020年、コロナ禍で無観客になったとき、初めて1回も球場に足を運ばなかった年となりました。年に何回かの球場での応援がずっと習慣なんですよね。

ちなみに、スマホケースは歴代カープで固めています。1代目は(当時は現役だった)新井貴浩選手の25、2代目は會澤翼選手の27、そして3代目は、カープのマークと文字というものに。これを持っていると、町で見知らぬカープファンに声を掛けられることもありました(3代目からはないけど)。広島ではカープファンは当たり前だけど、東京では珍しいからでしょうね。

今年は、ヤクルトさんが首位を独走していて、カープは「なんだかな〜」ですが、来季につながるプレーをしてほしいと願っています(切に)。

二代目カープ女子

長年編集に携わってきました。紙、Web、媒体は何であれ、コンテンツをどのように料理するか考えるのが好きです。 カープ大好きおばさん。球場で応援するのが、最大のストレス解消方法!

PAGE TOP